会社形態について

会社設立の日

会社の形態

新会社法によって有限会社というモノが設立出来なくなりました。またその代わりにLLCと言ったモノが設立出来るようになりました。このLLCというのはいったいどのようなモノなのでしょうか。またその他にもある会社の形態にはどういった物があるのでしょうか。見ていきましょう

会社の形態

株式会社

株式会社は、株式を発行してその株を売ったお金を資金とする会社で、その株を持っている人は株主となります。会社の利益は株を持っている株主にも配当されます。また株主1人1人が有限責任を持っているので、投資した金額の分は責任を負うと言うことにもなるようです。この株式会社の場合、この株を沢山持っている人の会社に対しての発言権も強くなり、社長をクビにする力を持つ場合もあるそうです。

有限会社

会社の責任が有限になる形態の会社の事で、1人でも設立することが出来ますし責任も出資した金額までという事で中小企業に合った形態だと思いますが、新会社法に変わってから新しく有限会社を設立することは出来なくなってしまいました。

合名会社

この合名会社というのは、負債があった場合に出資者が連帯で無限責任を負わなければならない形態です。これは設立しやすく社員1人1人に代表になる権利がある代わりに、全員に無限責任社員でもある形態です。

合資会社

合資会社は有限責任社員と無限責任社員からなる会社で、もし会社が負債を負ってしまった場合などに会社の設立者は無限責任を負うことになります。この合資会社は、有限責任社員と無限責任社員の2人いなければ設立することは出来ません。

合同会社

新会社法によって導入された企業形態で、元はアメリカなどで広く利用さてているモノでもあるようで、アメリカではLLCと呼ばれているようです。この合同会社は株式会社の様に社員が有限責任であり、しかも会社の方向性の決定と言った場合に株式会社の様に株主全員を集めての決定をしなくても良いというメリットがあるようです。

注目サイト

高血圧のサプリ
http://www.kouketuatu-ranking.com/

最終更新日:2017/4/27