会社を設立する際のメリットやデメリット

会社設立の日

会社設立のメリット・デメリット

新会社設立法によって今までよりも簡単に、そして誰でも起業することが出来るようになりましたが、今まで個人事業をしていた人は、会社にした方が良いのか、それとも今のままが良いのか迷う所でもあると思います。今までと変わらない状態ならわざわざ手間と時間を使って会社に変更する必要も無いですからね。またこれから何かをはじめたいと思っている方も個人事業でも良いのか、それとも会社を設立するのが良いのか、迷うところでしょう。そこでここでは会社設立によってのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。メリット・デメリットを知ってどちらがいいのかを考えてみるのも良いのでは無いかと思います。

メリット

資金の調達

会社を設立した際のメリットとしては、資金調達がしやすくなると言った事があるようです。これは、株式会社などの場合に株主からの資金の調達が出来ると言った事からの様です。またこれはもし会社が借金などを背負って倒産してしまった場合でも出資した金額だけの責任しか背負わないで済みますので、個人事業での個人の財産全てを返済に充てなくても良くなりリスクが少なくなります。

社会的信用

社会的な信用も会社の方が大きいと言えるでしょう。これは同じ資本金の場合でも会社の方が社会的な信用があるということからでしょう。やはり株式会社とついていると言うだけでも社会的なイメージは良いですよね。個人と違って簡単に辞めることが出来ないと言うの事もありますから、その分信用は高くなるわけですね。

利益が多くなれば税金も面でもメリットがあります。代表取締役の給与も経費とすることができるようですし、節税も期待できる様です。

デメリット

知識と費用

これは人それぞれかもしれませんが、やはり会社を設立するための手続きなどには専門的な知識は必要になってきます。また個人とは違い会社を設立するために、手続きをしたりと言った場合の費用も必要になってきます。いくら1円で会社を作ることが出来てもこの費用が無くてはなりません。知識に関しては、会社設立代行業者がいますので、任せても良いかとは思いますが、その分の費用がかかってしまいます。また会社を運営する上でも専門の知識が必要になってくる場合があるかもしれません。

社長の責任

社会的な信用の所で少し書きましたが、信用がでてくると言うことは、簡単には辞めることが出来なくなります。また社員が多くなるにつれてその社員の分の責任も増えてもきます。ですので簡単には辞める事が出来なくなってきます。

ここで紹介したメリット・デメリット以外にもそれぞれ長所・短所はあると思います。どちらが良いのかは、一概に決めれるモノではなく、自身のやりたいことの目的やアイディア、場所などの条件なども大きく関わって来ることでしょう。ですので会社設立か個人での事業かで、悩んだ場合などは一度調べてみたり専門の方などに話を聞ける事がある場合には、話を聞いて見ても良いのでは無いかと思います。