会社設立に必要な定款の紹介

会社設立の日

定款

会社を設立する際に必ず提出しなければならないモノに定款というモノがあります。この定款というのはどういった物でどういった事を書かなければいけないのか見ていきましょう。

定款とは

定款というのは、会社を設立する際に必ず作成するモノで、会社の規則の事です。これを会社を立ちあげようという人が作成します。役員の任期や監査役の事などもこの定款で定められるようです。その他には、会社の本社の所在地、称号、目的、運営と言った事などがあります。こういった会社の基本的な規則がこの定款によって決められているのですね。

定款で決めること

この会社の規則を決める定款ですが、この定款というモノは大きく3つに分ける事が出来るようです。それが絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項です。この3つの記載事項がそれぞれどういった意味をもっていてそれらの中でどういった事を決めるのか見ていきましょう。

絶対的記載事項

これは文字通り定款に絶対に記載しなければいけない項目の事です。この絶対的記載事項の記入漏れ等があった場合には、定款が無効になってしまうようです。この絶対的記入事項で決めることには、会社の名前や会社の目的、そして本店の所在地、会社を設立するときの出資額、発行可能株式総数、会社を立ち上げる人の氏名や住所といったモノがあげられます。この絶対的記載事項は必ず記載しなければならないモノなので気球漏れが無いかは特に厳重にチェックしておくことをオススメします。

相対的記載事項

これは絶対に記載しておかなくてはならないというワケでは無いですが、規定があるのなら記載しておかなければ、その効果は認められないものの事を相対的記載事項と言います。これはこれから設立する会社の規定に入れようと考えているモノであっても、記載しなければその効果が無いと言うことです。これが相対的記載事項で、この中には株に関することや、監査役の事など色々な項目があります。また株式会社と合同会社でも若干違って来たりもするようなのでこの相対的記載事項に記載する場合には、色々と調べてみるか、専門の方がいるならその人に聞いて見ると良いかもしれません。

任意的記載事項

任意的記載事項は定款に記載しても記載しなくてもその規則としての効力は無くならないモノを言います。この任意的記載事項に書かなくても効力があるのなら、記載しなくても良いのではと、思いがちではありますが、この任意的記載事項に記載すると会社の規定としての意識付けや、規則としての線引きが出来ますので、よりわかりやすい会社のルールを作ることが出来ると言うことでしょう。この任意的記載事項には、役員報酬についてや営業年度などの項目がありますので、こちらも一度調べてみると良いかと思います。

電子定款

定款には電子定款というもので認証を受けると言う方法もあります。この電子定款というのは定款を電子文書として認証してもらうと言うモノのようです。この電子定款の場合には印紙代がいらなくなるようです。これは印紙税法というので、電子文書が税の対象になっていないからのようです。しかし印紙代がかからない代わりに電子定款を作成するためのソフトが必要になってくるようで、その費用の方がかかってしまう場合がありますので、どちらが良いかは状況に合わせて定款にするか、電子定款にするかを決めるといいでしょう。

気を付ける事

定款を作成する際や、定款が完成した後に気を付けたい事があります。それは定款を作成すればそれで終了かというとそうでは無いことです。この定款は作成後に公証人役場へもっていって認証を受けてもらいます。公証人役場って聞いたことがあまり無い名前ですが、各都道府県にあるようです。そしてこの公証人役場で認証してもらいます。またこの認証をしてもらうためには会社を設立する各都道府県で認証を受けなくてはなりませんので自分が会社設立するさいには、確認して認証を受けに行きましょう。

また、これはもちろんの事ですが、法律に違反している様な事業内容等の場合には定款の認証は受けることが出来ないと思いますのでその点は注意しておきましょう。

check

岡山の成人式前撮りなら
http://seijinshikimaedori-okayama.jp/

Last update:2016/10/6